破砕機・粉砕機の前川工業所はセラミックス、化学用原料、ガラス、レアメタル、石炭・コークス、廃コンクリート等を破砕する機械メーカーです。

スクリーン|製品情報

傾斜角可変式スクリーン/200mm大塊縲鰀1mmの細粒まで篩別。長年の研究・経験から生まれた特許取得の振動篩。

一般的には、ジャイレックススクリーンとも呼ばれております当社RG型振動篩(スクリーン)は、多年の研究・経験により完成し、特許を取得した振動篩であります。

据え付けた状態で、傾斜角度を ”およそ0~25度” 変更可能な上、堅牢なる基本設計により、苛酷な環境下における耐久性は抜群です。

200mm大塊から1mm程度の細粒に至るまで,極めて広範囲の篩別が可能であり、土木建設の砕石選別、あるいは窯業関係、化学工場等の原料、製品の篩別作業に広く用いられております。

用途のご提案

頻繁に処理物や処理能力、篩い効率を変えて使用したい場合には、傾斜角度が変更できますので、容易に対応可能です。

  • 残土ガラ
  • 浄水場発生ケーキ
  • 石炭、コークス
  • 合金鉄(レアメタル関係)
  • 鉄鉱石
  • 鉱宰
  • 砕石など

ジャイレックススクリーンの特長

  • 高速回転,大振幅が可能であるため、処理能力が大きく篩効率が良い。
  • 目詰りが少ない。 ※目詰りには栓塞目詰りと粘着目詰りとがありますが、当社RG型の大きな振動は栓塞目詰りを防ぐ効果があり、また適当な遠心効果は粘着物を振り切って金網への目詰りを防止します。さらに粘着しやすい原料(水分率等によってもその程度は異なる)の場合には、金網下にタッピングボールを入れ、金網をたたくことにより強制的に付着防止を行うことも出来ます(弊社特許)。
  • 重心に偏芯軸を通した振動枠は、完全に板バネで保持し,浮動状態にしておりますので、振動が外部に伝わるのを極力低減できます。
  • 本機に使用する板バネの特殊構造は、軸受その他機械部分の保護を兼ねていますので、無理な荷重が懸かった時も安全性が高くで、故障が少ない構造になっています。
  • 回転方向は正、逆何れにても自由に使用することが出来ます。正回転は篩機の能力増進に、逆回転は篩効率の向上に役立ちます。
  • 据付けたままで篩枠の傾斜角度を自由に変えられるため、各処理物に対して何時でも、最適の傾斜角度、流動速度が自由に得られますので回転方向と相伴って希望の能力、効率を得る事ができます。
  • 特殊構造の緊張装置により、金網を確実に取り付ける事が可能で、取替えも簡単・迅速に行う事が出来ます。
  • 本機は定置式を標準としますが、御希望により吊下式にても使用することができます。
  • 広範囲な仕様が指定できます。本機の段数は1~3段(標準は2段)まで、型式は開放型でも、密閉式でも、また乾式、あるいは水洗式にもご指示により製作いたします。

写真:傾斜角可変式スクリーン

諸元表

RG型振動篩(スクリーン)諸元表
型式 RG-125 RG-225 RG-136 RG-236 RG-138 RG-238
床数 1床 2床 1床 2床 1床 2床
篩面の大きさ
巾×長さ(mm)
600×1500 600×1500 900×1800 900×1800 900×2400 900×2400
篩面積(m2) 0.90 0.90 1.62 1.62 2.16 2.16
電動機(kW) 1.5~2.2 1.5~2.2 2.2~3.7 2.2~3.7 3.7~5.5 3.7~5.5
図面DL coming soon
 
型式 RG-148 RG-248 RG-1410 RG-2410 RG-1510 RG-2510
床数 1床 2床 1床 2床 1床 2床
篩面の大きさ
巾×長さ(mm)
1200×2400 1200×2400 1200×3000 1200×3000 1500×3000 1500×3000
篩面積(m2) 2.88 2.88 3.60 3.60 4.50 4.50
電動機(kW) 3.7~5.5 5.5~7.5 7.5~11 7.5~11 11 11
DWG
図面DL
coming soon
製品カタログ
ダウンロード
PDFデータ
(0.52MB)

このページの先頭へ